アバランチ(AVAX)はどんな仮想通貨?取引できる海外FX業者と仮想通貨取引所を調査!

アバランチ(AVAX)は、DApps(分散型アプリケーション)を構築するためのオープンなスマートコントラクトプラットフォームで、革新的な仮想通貨(暗号資産)として注目を集めています。

アバランチ(AVAX)のロゴ

DAppsを構築できるなどの特徴はイーサリアムブロックチェーンと似ており、イーサリアムのライバルとして「イーサリアムキラー」と呼ばれることもある仮想通貨です。

この記事では、アバランチ(AVAX)がどのような仮想通貨なのかを簡単に説明し、アバランチ(AVAX)が取引できる海外FX業者・海外仮想通貨取引所について紹介します。

目次

アバランチ(AVAX)の歴史・時価総額・チャート

アバランチ(AVAX)はどのような仮想通貨(暗号資産)なのか、時価総額、これまでの価格推移、特徴や歴史から紹介します!

らっこ

1分で読めるよ!

アバランチ(AVAX)の時価総額ランキングは12位

アバランチ(AVAX)は、2024年4月時点の時価総額が12位の仮想通貨です。2020年にローンチされた比較的新しい仮想通貨ですが、時価総額を見る限り急速に成長していることが分かります。

アバランチ(AVAX)の時価総額(2024年4月)

画像)CoinMarketCap

イーサリアムのライバルである「イーサリアムキラー」の中では、ソラナ(SOL)とカルダノ(ADA)に次いで3番目に時価総額が大きくなっています。

アバランチ(AVAX)の価格推移

2020年から2024年4月までのアバランチ(AVAX)の価格を見てみましょう。

アバランチ(AVAX)のチャート(2024年4月)

画像)CoinMarketCap

2021年から2024年までのアバランチ(AVAX)の価格動向を見てみると、2021年1月に約500円で推移していたアバランチ(AVAX)の価格は、同年2月、オーストリアを拠点とする大手海外取引所取引所であるBitpandaへの上場をきっかけに約6,200円まで急上昇しました。

その後もDeFi(分散型金融)ブームの波に乗り、2021年11月には過去最高値となる16,000円まで上昇しています。

たぬき

ミームコインほどではないけど、大幅な上昇だね

続く2022年は価格が急落していますが、この年は大手仮想通貨取引所のFTXが破綻するなど、仮想通貨市場を揺るがす大きな出来事があったことも要因となっています。

2024年4月現在、ビットコインを筆頭に仮想通市場に資金が流入しており、アバランチ(AVAX)の価格も仮想通貨市場全体の影響を受けながら上昇傾向を続けています。

2021年に記録した史上最高値から比較すると、半分程度まで値を戻しています。ソラナ(SOL)など、2024年の上昇相場でビットコインとともに史上最高値を更新したイーサリアムキラーもありますので、アバランチの上昇はやや遅れを取っているともいえます。

アバランチ(AVAX)の特徴・歴史

アバランチ(AVAX)は、2020年にEmin Gün Sirer教授が共同設立者を務めるAva Labs社によって開発された仮想通貨です。同名のブロックチェーンである「アバランチ(Avalanche)」のネイティブトークンとなっています。

仮想通貨は、その仮想通貨が利用されるブロックチェーンと同じ名称を付けられることが多いです。区別する目的もあり、仮想通貨の名称として使う場合は大文字の記号(ティカ―名)で表記します。

アバランチのプロジェクトは、「信頼性の低いマシンネットワークでの合意形成の問題を解決する」ためのプロトコルとして始まりました。

マシンネットワークとは、インターネット上で相互に接続されたコンピューター(ノード)の集合のことで、これらのノードが正しく機能することにより、ブロックチェーンの信頼性、正確性が保たれます。

しかし、これらのノードは必ずしも信頼できるとは限らず、一部のノードによる悪意のある行動がブロックチェーンネットワークの信頼性を失わせる可能性があります。

アバランチは、この問題を解決するために、ネットワーク内のすべてのノードが迅速に合意形成できるようにすることで、トランザクション処理速度を大幅に向上させ、ブロックチェーンのパフォーマンスを改善しています。

らっこ

中央集権的な機関なしでブロックチェーンを正しく稼働させるための工夫だよ

2020年3月には、Avalanche合意プロトコルのAVAコードベースがオープンソースとして公開され、同年9月にはメインネットがローンチされました。

DeFi分野を中心に急速な成長を遂げており、現在もアバランチネットワーク上で多くのdAppsやプロジェクトが構築されています。

アバランチ(AVAX)を取引できる海外FX業者

アバランチ(AVAX)は、以下の大手海外FX業者でも取引できます。

近年、仮想通貨銘柄が取引できる海外FX業者が増えています。仮想通貨取引所よりも高いレバレッジや資金を倍増できるボーナスなどが人気です。

海外FX業者取引可能銘柄の数

XMTrading
53

HFM
35

Titan FX
25

海外FX業者の仮想通貨銘柄はCFD取引なので、仮想通貨取引所の無期限先物と同じような感覚で取引できます。資金を一気に倍にできる100%入金ボーナスや口座を開設するだけで1万円以上のリアル口座での取引資金が受け取れる(新規口座開設ボーナス)ことも特徴です。

たぬき

短期トレードメインの人には仮想通貨取引所よりメリットがあるかも!

XMTradingでは、口座開設をすると無料で13,000円のリアル口座で使える資金がプレゼントされます。気になった方はXMTradingで口座開設をして海外FX業者を体験してみてください!

あわせて読みたい
海外FX業者のボーナスまとめ【口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス】 仮想通貨(暗号資産)取引所にもボーナスはありますが、海外FX業者はより豪華なボーナスを提供しています。主な種類は、口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナス...

海外FX業者12社で取引できる仮想通貨銘柄はこちらの記事でまとめています。

あわせて読みたい
仮想通貨の種類が多い海外FX業者は?全12社の銘柄数を比較! 最近ではほとんどの海外FX業者が仮想通貨(暗号資産)を取り扱っています。 ビットコインなどのメジャー銘柄以外を取引したい方も多いでしょう。 それには取り扱い銘柄...

XMTrading

XMTradingの銘柄数の合計は58で、取引ペアの重複を除くと取引できる仮想通貨は53種類になります。

基本的に1つの仮想通貨につき取引ペアは1種類ですが、ビットコインとイーサリアムのみ複数の取引ペアが用意されています。この2種類のみドル建てに加えてポンド建てとユーロ建ての取引ペアが用意されているほか、イーサリアム/ビットコインもあります。

XMTradingで取引できる仮想通貨

1インチ、アーべ、エイダコイン、アルゴランド、エイプコイン、アプトス、アービトラム、コスモス、アバランチ(AVAX)、アクシー・インフィニティ、ベーシック・アテンション・トークン、ビットコインキャッシュ、ビットコイン、ビットコイン・ゴールド、チリーズ、コンパウンド、カーブダオ、ダッシュ、ドージコイン、ポルカドット、マルチバースX、エンジンコイン、イオス、イーサリアムクラシック、イーサリアム、フェッチAI、ファイルコイン、フロウ、ザ・グラフ、インターネット・コンピューター、イミュータブル、リドDAO、チェーンリンク、ループリング、ライトコイン、マナ、ポリゴン、ニア、オプティミズム、サンドボックス、柴犬コイン、シンセティックス、ソラナ、ストージ、スタックス、スシ、UMA、ユニスワップ、ステラルーメン、XRP、テゾス、Zキャッシュ、0x

XMTradingで仮想通貨取引ができる口座タイプはスタンダード口座・マイクロ口座とKIWAMI口座です。ボーナスを利用したい方はスタンダード口座やマイクロ口座、狭いスプレッドで取引コストを抑えたい方にはKIWAMI口座が向いています。ゼロ口座では仮想通貨は全く取引できません。

一部の仮想通貨は、MT5のみで取引ができますので、仮想通貨取引をしたい方にはMT5がおすすめです。

XMTrading口座開設

HFM

HFMの銘柄数の合計は40で、取引ペアの重複を除くと取引できる仮想通貨は35種類になります。

基本的に1つの仮想通貨につき取引ペアは1種類ですが、ビットコインとイーサリアムのみ複数の取引ペアが用意されています。

HFMで取引できる仮想通貨

エイダコイン、エイプコイン、コスモス、アバランチ(AVAX)、ヘデラ・ハッシュグラフ・トークン、ビットコインキャッシュ、ビルド・アンド・ビルド、ビットコイン、コンパウンド、ドージコイン、ポルカドット、ダッシュ、エンジンコイン、イオス、イーサリアムクラシック、イーサリアム、ファイルコイン、アイオタ、チェーンリンク、ライトコイン、マナ、ポリゴン、ネオ、ニア、OMG、シンセティックス、ソラナ、シータ・ネットワーク、トロン、ユニスワップ、ステラルーメン、モネロ、XRP、テゾス、Zキャッシュ

仮想通貨はセント口座以外の全ての口座タイプで取引できます。

HFM口座開設

Titan FX

Titan FXの銘柄数の合計は50で、取引ペアの重複を除くと取引できる仮想通貨は25種類になります。

Titan FXはマイナーな仮想通貨を含めて全ての仮想通貨にドル建てと円建ての取引ペアがあります。

Titan FXで取引できる仮想通貨

アーべ、エイダコイン、コスモス、アバランチ(AVAX)、ビットコインキャッシュ、ビルド・アンド・ビルド、ビットコイン、コンパウンド、ドージコイン、ポルカドット、イオス、イーサリアム、グリマー、クサマ、チェーンリンク、ライトコイン、ポリゴン、ニア、ソラナ、トロン、ユニスワップ、XDCネットワーク、ステラルーメン、XRP、テゾス

仮想通貨取引は基本的にスタンダード口座とブレード口座です。マイクロ口座では、ビットコインのみMT5限定で取引できます。

Titan FX口座開設

アバランチ(AVAX)を取引できる仮想通貨取引所

アバランチ(AVAX)は知名度の高い仮想通貨(暗号資産)なので、ほとんどの海外仮想通貨取引所で取引ができます。

仮想通貨取引所現物デリバティブ
Bybit
Bybit
MEXC
MEXC
Kucoin
KuCoin

Gate.io

Bitget

BingX

ZOOMEX
××

日本語対応が充実したBybit(バイビット)がおすすめです!

Bybit口座開設

アバランチ(AVAX)はイーサリアムキラーの一つ

アバランチ(AVAX)は、2020年にローンチされた比較的新しい仮想通貨ですが、2024年4月時点の時価総額が12位の仮想通貨です。

急速な成長を遂げているアバランチ(AVAX)ですが、投資を検討する際には、同じくイーサリアムキラーとされているソラナ(SOL)やカルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)と将来性を比較してみることをおすすめします。

こうしたブロックチェーンの将来性には、メインのブロックチェーンだけでなく、DAppsやレイヤー2などにどのようなものがあるかも影響します。

たぬき

周辺のサービスなどを含めて「エコシステム」と呼ぶよ

アバランチ(AVAX)は、海外FX業者でも人気のBybit(バイビット)のような仮想通貨取引所でも取引ができます。仮想通貨取引所デビューする海外FX経験者、海外FXデビューする仮想通貨取引所経験者向けの記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【仮想通貨入門】FXトレーダーが仮想通貨取引を始める際の注意点 仮想通貨(暗号資産)の知名度が上がっているため、投資対象として仮想通貨に興味を持ったFXトレーダーも多いのではないでしょうか。 しかし、資金調達率やメイカー手数...
あわせて読みたい
【FX入門】仮想通貨トレーダーがFXを始めるには?メリットや注意点を解説 2020年から2021年にかけての仮想通貨(暗号資産)の高騰で、アルトコインやDeFiがブームとなり数、数十倍まで値上がりした銘柄が数多く生まれました。 しかし、その後は...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次