ELF Mastersの仮想通貨やトークンを解説

ELF Mastersの仮想通貨やトークンを解説

こんにちは、たかたろうです。

今回は、ELF Mastersの仮想通貨やトークンを解説します。

最近色々なNFTゲームがある中で話題になっている一つがELF Mastersです。

おそらくこの記事を読んでいる方は本ゲームの仮想通貨やトークンなどが気になってご覧になっているかと思います。

まだ始めたことがない方は一度目を通しておくと、スムーズに始めやすくなるので読んでおくといいでしょう。

本記事では、「ELF Mastersの仮想通貨やトークンを解説」をテーマに、本ゲームの仮想通貨やトークンなどを詳しく解説していきますので是非、最後まで読んでいってください!

関連記事:ELF Masters始め方>>

 

目次

ELF MastersゲームトークンであるエルフがIEO予定

エルフマスターズで利用されるゲームトークンのエルフが、IEO予定となっています。

HashPaletteにとってはパレットトークン(PLT)に続く二度目のIEOです。

bitFlyerもIEO実施に向けた契約としては、バーチャルワールド「Yay!」を運営するナナメウエとの契約に次いで2件目となりますが、まだ実際にIEOを実施してはいません。

今回のエルフ(ELF)のIEOは、エルフマスターズのゲームエコシステムにおけるガバナンストークンELFの流通を目的として実施され、ELFが広く流通し、ユーザーがゲームを楽しみ、自発的にプロジェクトが拡張されていく構造の実現を目指しています。

初期段階ではPLTがゲーム内トークンとして使用されますが、段階的にELFに代替していく予定となっています。

エルフ(ELF)は、今後bitFlyerでIEOが予定されており、IEOの参加には、bitFlyerで口座開設しておく必要がありますので忘れずに行いましょう。

 

ELF Mastersのトークンを取り扱うIEOとは

IEOの歴史

2017年頃、新しい資金調達方法としてICOが流行り始めたのが最初です。

ICOとはInitial Coin Offering の略で、仕組みはとてもシンプルで以下の流れで行われていました。

新規プロジェクトの資金調達のために新しいトークンを作成

︎投資家にSNSなどを使用してプローモーションを行い、トークンを購入してもらう

 

新規トークンの値上がりを狙った投資家がたくさん参加し、順調な流れだったのも束の間、法的な規制が整備されていなかったので詐欺などが横行してしまい、事態が一変します。

ICOは2018年後半には大幅な減少を見せ始め、ICO市場は低迷してしまいました。

そんなICOに変わる資金調達方法として誕生したのがIEOとなるのです。

 

IEOの仕組み

IEOとはInitial Exchange offeringの略で、取引所を仲介してトークンの取引をする仕組みとなっています。

IEOの仕組みは以下の通りです。

新規プロジェクトの資金調達のために新しいトークンを作成

取引所がプロジェクトを審査し、選ばれた銘柄のみが新規上場

⬇︎

取引所を通してトークンの取引を行う

 

株式上場の仕組みと似たような流れであることが伺え、上場された銘柄は取引所で自由に取引が可能です。

 

過去に実施された2つのIEO

過去に実施された2つのIEOというのが

  • パレットトークン(PLT)
  • FCRコイン(FCR)

でした。

それぞれについて解説します。

 

1.パレットトークン(PLT)

2021年7月に国内初のIEOとして実施されたのが、HashPalette社が運営しているチェーン状に構築されたNFTマーケットプレイス「Palette」で利用可能なパレットトークン(PLT)のIEOです。

このIEOは、仮想通貨取引所コインチェックを通じて実施されましたが、開始たった6分で調達目標金額の9億3,150万円を達成してしまうほどの申し込みが殺到しました。

最終的な申し込みは6万3,853口座からなんと224億5,500万円にもなり、抽選倍率は約24倍となりました。

パレットトークンのIEOは世界的に見ても大規模なIEOとなっており、仮想通貨規制の厳しい日本が大成功を収めたことから、世界中から注目を集めました。

上場後は価格が急上昇し、4.05円の販売価格から一時は90円にまで上昇しました。

8月も堅調に価格は推移し、80〜90円程度で価格が推移していたことから、IEOに申し込みを行い、上場直後に売却したトレーダーは大きく利益を得ることができたことでしょう。

その後の価格は下がって行く一方で、現在は低迷しています。

 

2.FCRコイン(FCR)

FCRコインは、琉球フットボールクラブ株式会社が運営する「FC RYUKYU SOCIO」というプラットフォーム内で利用される仮想通貨で、特定の選手へチップとしてトークンを送ったり、保有したりすることでサッカークラブの運営に携わることが可能です。

国内2件目のIEOとして、GMOコインを通じて上場していき、国内プロスポーツクラブがIEOで資金調達を行うのは初めてだったためか、パレットトークンのIEOが大成功を収めたことも踏まえ、FCRコインのIEOも注目を集めました。

IEOでの販売価格は2.2円でしたが、取引開始後に価格は下がっています。

価格が下がった原因として考えられるのは、パレットトークンのIEOが行われたタイミングと比べて地合いが悪かったことと、GMOコインのオペレーション上の問題が考えられます。

GMOコインは、上場したタイミングで1日100万FCRの取引上限がある旨の通知を行いましたが、その後取引開始から1時間半後に取引上限をなんと2,000万FCRまで引き上げたのです。

この変更はトレーダーたちが困惑し、価格を変動させる要因となったと思われます。

このように、IEOだからといって必ず利益が出るというわけではありません。

仮想通貨投資を行う以上は、価格が下落するリスクもあるということを理解した上で投資を行いましょう。

しかし、今回のELFのIEOに関しては、大きな成功を収めたPLTと同じHashPalette社が関わっているという点は安心できます。

また、ELFがPlay to Earnゲームのエルフマスターズで用いられるガバナンストークンだという点でも期待が持てそうですね。

今後の成長期待が高いコンテンツのゲームトークンのIEOということで、また価格が上昇していくことが予想されます。

 

ELF Mastersの仮想通貨始める前に

ELF Mastersの仮想通貨始める前にEtfw">September 20, 2022</a></blockquote> <script async src=

ELF Masters(エルフマスターズ)を始める前に、仮想通貨の取引口座を事前に開設しておいた方が良いです。

ゲーム内で得た報酬の還元を受け取るために必要になるので、ゲームを始める前に開設したほうがいいですよ。

ELF Mastersではパレットトークン(PLT)というNFTトークンで取引されています。

これを取り扱っている国内取引所として有名なサービスがコインチェックです。

コインチェックは仮想通貨取引初心者でも口座開設は難しくないようです。

 

ELF Mastersの仮想通貨やトークンまとめ

ELF Mastersの仮想通貨始める前に

以上、「ELF Mastersの仮想通貨やトークンを解説」でした。

ELF Mastersで使用されている仮想通貨のELFはIEO予定となっており、トークンの取り引きをスムーズに行うようになります。

過去に二回行われたIEOで大成功を収めたこともあり、かなり評価が高いことが伺えます。

これからも成長が期待されているので、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

[blogcard url=”https://amiami.xyz/metaverse-game-10-recommended-latest-rankings/”]

[blogcard url=”https://amiami.xyz/can-even-beginners-in-metaverse-earn-money-explain-how-to-get-started/#i-4″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次