仮想通貨VPNとは?VPN選びのポイントとおすすめ紹介

仮想通貨VPNとは?VPN選びのポイントとおすすめ紹介

最近、仮想通貨投資においてVPNサービスが注目を集めています。

特に、海外の仮想通貨取引所を利用しているユーザーから多くの関心を集めています。

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、インターネット上で匿名性を確保し、海外のサーバーを中継する仕組みです。

VPNサービスを導入するだけで、アクセス制限などがある海外の仮想通貨取引所にアクセスすることができます。

この記事では、仮想通貨投資に必要な仮想プライベートネットワーク(VPN)について詳しく解説しています。

VPNの仕組みや選ぶ際のポイント、おすすめのVPNサービスも紹介しています。

仮想通貨投資にVPNを利用する際には、ぜひ参考にしてください。

 

目次

VPNとは?

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、自分だけのインターネット回線を仮想的に構築できる仕組みです。

通常、インターネットに接続する際には、端末(パソコンなど)からプロバイダへ、そして目的のWebサイトやサーバーへというように、プロセスをたどって接続します。

一方、VPNの場合、プロバイダとサーバーの間に仮想的な空間を作ることが特徴です。

つまり、端末からVPN接続を行うことで、自分専用のインターネット回線を仮想的に構築し、通信を行うことができます。

VPNの仮想空間を介してインターネットに接続することにより、通信内容を暗号化して送信するため、第三者による通信傍受を防ぐことができます。

 

VPNを仮想通貨に利用した場合

VPNを利用することで、世界中のどこにいても一旦接続するサーバーがあれば、そのサーバーを通してインターネットにアクセスすることができます。

そのため、異なる国にあるサーバーを利用して、海外のウェブサイトにアクセスすることも可能です。

たとえば海外で事業を展開する仮想通貨取引所のなかには、日本国内からアクセスできないところも数多く存在します。

自分が海外にいるかのような環境を作り出し、日本に未進出の海外取引所や、日本からのアクセスを制限している取引所にアクセスすることができます。

つまり、まるで海外からアクセスしているかのような状態を作り出すことができるのです。

ただ、VPNを利用した場合に必ずしも海外取引所が安全に利用できるとは限りません。

コインチェック」は国内の取引所であり、より安心して仮想通貨投資を行うことができるおすすめのサイトです。

「この海外取引所は日本からアクセスできるか」といった煩わしい思いをする必要がなく、安心して仮想通貨投資を行うことができます。

関連記事:コインチェック口座開設方法と入金のやり方

 

仮想通貨VPNを選ぶ際のポイント

1 高いセキュリティのVPNを選ぶ
2 通信速度が速いVPNを選ぶ
3 対応地域が広いVPNを選ぶ

 

高いセキュリティのVPNを選ぶ

最初に考慮すべき点は、セキュリティ機能が高度なVPNを選ぶことです。

VPNを導入する主な目的はセキュリティを強化することであり、そのために安全性を重点的に考慮する必要があります。

VPNを選ぶ際には、サーバーの認証方法や使用されている暗号化技術、ノーログポリシー(IPアドレスや閲覧履歴を記録しないと約束すること)などを確認して、適切なVPNを選択することが重要です。

また、「キルスイッチ」があるかどうかも確認する必要があります。

これは、VPN接続が切断された場合に、インターネット接続自体も切断する機能です。

 

通信速度が速いVPNを選ぶ

もう一つの重要なポイントは、高速な通信速度を提供するVPNを選択することです。

VPNにはデメリットの一つとして、通信速度が低下する可能性が挙げられますが、可能な限り速度低下の影響が少ないVPNを選ぶようにしましょう。

仮想通貨取引では、瞬時に取引が行われるため通信速度が遅いと利益を得るチャンスを逃したり、思いがけない損失を受ける可能性があるため、通信速度は重要な要素の1つです。

取引の重要性を考えると、通信速度が速いVPNサービスを選ぶことが推奨されます。

 

対応地域が広いVPNを選ぶ

3つ目の重要なポイントは、広範な地域に対応しているVPNを選ぶことです。

VPN接続の利用可能な地域は、サービスによって異なることがあります。

日本からアクセスができないウェブサイトでも、対応地域に含まれていなければVPNを使用して閲覧することができません。

VPNを導入する前に、利用したい国がサービスの対象地域に含まれているかどうかを確認することが重要です。

 

おすすめの仮想通貨VPN3選

1.NornVPN

NordVPNは、世界50カ国以上にサーバーを展開し、5,400以上のサーバーを提供しています。

軍用レベルの暗号化技術による高いセキュリティ性能だけでなく、VPN業界でもトップクラスの高速な接続速度を誇り、4K動画のストリーミングもスムーズに視聴できます。

日本でも人気のある主要なストリーミングサービスであるNetflix、Amazon Prime Video、Hulu、U-NEXTなどに対応していることはもちろんのこと、日本では利用できないHBO MaxやParamount+などのサービスにも対応しており、海外の作品好きの人にとっても非常に便利です。

高速な接続スピードと豊富なストリーミング対応により、テレビやスマートフォンから世界中の作品を快適に視聴できます。さらに、お客様には大満足いただけるVPNとなっています。

また、30日間の無料トライアル期間を提供しており、安心して利用を始める前に試すことができます。

NordVPNを見てみる

2.Surfshark

Surfsharkは、60カ国以上に3,200を超えるサーバーを展開しており、地域制限を回避して、世界中のコンテンツを楽しむことができます。

軍用レベルのセキュリティを提供し、広告ブロック機能も搭載しているため、ストレスなく安全にコンテンツを楽しむことができます。

接続可能なデバイス数に制限がないため、一つのアカウントを共有して家族や友達と利用することができます。

これにより、コストパフォーマンスも非常に高くなります。

30日間の返金保証期間を提供しているため、もし何らかの理由で満足されなかった場合、全額返金が可能です。このサービスは、安心して利用することができます。

また、可能なデバイス数に制限がなく、アカウントの共有が可能です。

そのため、家族や友人と一つのアカウントを共有することで、月額数十円で使用することができます。

このように使い方によっては、非常にコストパフォーマンスの高いVPNと言えます。

Surfsharkは、高速な接続を実現しつつ、リーズナブルな価格帯で利用することができるため、高速性とコストパフォーマンスの高さから注目を集めています。

これにより、新しい有望なVPNサービスとして評価されています。

さらに、接続可能なデバイス数に制限がなく、アカウントの共有が可能です。

そのため、家族や友人と一つのアカウントを共有して利用することができます。

 

3.Express VPN

ExpressVPNは、低いレイテンシーと高速な接続スピードによって、Netflix、Amazon Prime Video、Huluなどの幅広いストリーミングサービスに最適なVPNとして評価されています。

3000以上の高速サーバーが90カ国以上に分散しており、地球の半分の国々のコンテンツにアクセスすることができます。

そのため、多数の地域のコンテンツを気軽に楽しむことができるVPNプロバイダーです。

軍用レベルのセキュリティに対応するだけでなく、DNS/IPv6漏洩防止技術やOpenVPN、IKEv2などの多彩なプロトコルも提供しており、充実した機能性も魅力的なVPNプロバイダーです。

ExpressVPNには優れたキルスイッチが搭載されており、インターネット接続が予期せず切れるような場合でも、例えばゲームや動画視聴中にIPアドレスなどの情報漏えいを防ぎます。

これにより、高いプライバシーとセキュリティの保護が確保され、インターネット利用時に安心感が提供されます。

 

仮想通貨VPNとは?選ぶ際のポイントやおすすめVPNまとめ

以上、仮想通貨VPNの仕組みや選ぶ際のポイント、おすすめVPNを紹介しました。

仮想通貨VPNを使用することによって、ご自身の個人情報を守られる他、まだ日本に進出していない仮想通貨を使用することも可能です。

また、選ぶ際はセキュリティが高く、通信速度が速い、対応地域が広いの3点を意識して選びましょう。

この3点をクリアしている主なVPNは、NornVPN、Surfshark、ExpressVPNの3つです。

それぞれご自身の状況に合ったVPNを選ぶと良いでしょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次