The Sandboxとは?仮想通貨や今後の将来性を解説

The Sandboxとは?仮想通貨や今後の将来性を解説

最近色々なゲームがある中で話題になっている一つがThe sandboxです。

おそらくこの記事を読んでいる方は本ゲームの仮想通貨や今後の将来性などが気になってご覧になっているかと思います。

これからどうなっていくのか気になる方は一度目を通しておくと先を見据えて本ゲームをより楽しむことができるでしょう。

本記事では、「The sandboxとは 仮想通貨や今後の将来性などを解説」をテーマに、本ゲームの仮想通貨や今後の将来性、コンテンツなどを詳しく解説していきますので是非、最後まで読んでいってください!

 

目次

The sandboxとは?

The SandboxはSANDという仮想通貨を使い、自分が作ったキャラクターやアイテムなどをマーケットプレイスで販売したり、自分でゲームを作成して有料販売したりなどができるゲームです。

自分の土地(LAND)を所有して不労所得を得ることも可能で、著名人のものだと数千万円単位のものもあるのだとか。

アメリカの有名ラッパーであるスヌープドッグは、家を建てたりライブ開催したりして注目を集めています。

一から作って多くの人に買ってもらって楽しんで欲しいという方におすすめのゲームです。

SANDにはアディダスやエイベックスなどといった有名企業も参入しており、これからさらに成長していくことが期待されているのでプレイする価値があります!

2021年11月の資金調達した額はなんと約106億円。

SoftBankも投資をし、これから更なる人気が予測されます。2022年5月24日にはコインチェックが上場したことにより、国内の仮想通貨取引所で購入ができるようになりました。

関連記事:The Sandboxの始め方

 

The sandboxで提供されているコンテンツ

Game Maker

Game Makerは、The Sandboxが提供するメタバース上の土地「LAND」でオリジナル3Dゲームを作成するツールで、プログラミングの知識が不要なため誰でも作れる仕様となっています。

無料でプレイできるので、気軽に始めることができます。

また、他のツールと一緒に使用することも可能なので、使い勝手が良いツールといえるでしょう。

 

VoxEdit

VoxEditは、オリジナルのボクセルモデルを作成するツールで、マインクラフトやレゴブロックのようにキャラクターやアイテムなどを立方体のブロックを組み合わせて作ることができます。

他にも、人や動物、食べ物、建築物など幅広く作ることができます。

作成したボクセルモデルは、ゲームで使用したり、NFTとしてマーケットで販売したりすることが可能です。

「ボクセルアーティスト」と呼ばれる職種も誕生しているほど人気なため、興味がある方は無料で利用できるので、公式サイトからアクセスしてみてはいかがでしょうか。

 

アバター

The Sandboxでは、ボクセル型のオリジナルアバターを作成できます。

VoxEditとの異なる部分は、VoxEditはゼロからボクセルモデルを作成するのに対し、アバターは既存モデルを組み合わせてボクセルモデル(アバター)を作成する仕様となっています。

今後は、衣装やヘアスタイル、色合いなどオリジナルのアバターを作れるようにアップデートされる予定です。

VoxEditで装備品を作成し、アバターに装着することも可能です。

作成したアバターでLANDでのゲームやイベントに参加したり、他の人と交流したり、対戦したりなどの楽しみ方もあります。

 

NFTマーケットプレイス

The Sandboxには、作成したボクセルモデルを取引するためのマーケットプレイスが用意されています。

その仕組みは、ボクセルモデルはNFTになっているなっているため、自由に販売し、収益を得ることが可能です。

 

メタバース上の土地「LAND」を提供

The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を提供しており、166,464区画が用意されています。1区画(1LAND)は96m×96m、高さ128mです。

LANDを保有した人は土地を自由自在にアレンジでき、オリジナルゲームを作成してLANDを訪れた人に楽しんでもらうことや、イベントを開催することも可能です。

The Sandboxのプラットフォームのみでさまざまな土地を訪れられるのも魅力といえるでしょう。

また、LANDは有料で貸し出しが可能で、1区画が数百万〜数億円と非常に高価であるため、ゲームを作成して公開したくてもできない人がいるのも現実です。

LANDの一部を安く貸し出すことで、クリエイターが活動しやすい環境を提供し、ゲーム制作やイベントの開催など、現実世界の土地と同様、さまざまなビジネススタイルが誕生している点もThe Sandboxの魅力といえます。

 

The Sandboxは、多くの大手企業が参入しているプロジェクト

The Sandboxとは?仮想通貨や今後の将来性を解説

The Sandboxは個人のみならず、様々な企業に期待されているプロジェクトです。

世界的に有名な企業が続々と参入を発表しています。主に有名な企業は以下の通りです。

  • スクウェア・エニックス
  • エイベックス・テクノロジーズ
  • SHIBUYA109
  • コインチェック:Oasis TOKYO

日本だけで見ても、上記のような有名企業が参入しているのが分かりますね。

SHIBUYA109は東京都渋谷にあるショッピングモールですが、2022年よりThe Sandboxに参入することを発表しています。

実際のSHIBUYA109のような建物をメタバースに構え、NFTの販売・提供などを行っていく方針です。

また、国内大手仮想通貨取引所であるコインチェックは、The Sandboxのメタバース上で近未来都市「Oasis TOKYO」の開発を行っています。

これからも、日本だけでなく世界的な大手企業の参入が予想されます。

 

The Sandboxの今後の将来性

The Sandboxとは?仮想通貨や今後の将来性を解説

2021年には価格が大幅に上昇し、とても勢いがありました。

仮想通貨の価値は取引量に基づいて左右するので、多ければ上昇して少なければ下降します。

今現在は人気が衰えていないので、今後も価格は上昇すると思われます。

なので、今から始めても全然遅くありませんので安心ですね。

また、The Sandboxでは上記で述べた通り、スクエア・エニックスなどといったさまざまな企業と提携しています。

これから参入する企業が増えることが予想され、そうなればもちろんより注目度が高まることでしょう。

The Sandboxは、プラットフォームのアップデートが行われました。

2022年3月から、「アルファシーズン2」として、すべてのユーザーが全コンテンツを使用可能になるなど、よりユーザーが使いやすい環境を提供する予定となっています。

また、プレイヤーがLANDを行き来するようなシステムもできておらず、今後のアップデートによる実装ができるようになるのかが期待されています。

より使用しやすいプラットフォームになりユーザーが増えれば、SANDの流動性へ大きく影響します。

これからも拡大していくことは間違いないでしょう。

関連記事:メタバースゲームおすすめ最新ランキングベスト10

関連記事:メタバース初心者の稼ぎ方

 

The Sandboxとは?仮想通貨や今後の将来性まとめ

以上、「The sandboxとは 仮想通貨や今後の将来性などを解説」でした。

The sandboxは、仮想通貨SANDを使用してオリジナルのゲームを作成したり、LANDを所有して不労所得を得たり、アイテムの売買などで稼ぐことができます。

今後の将来性としては、多くの有名企業が参入していることから、より人気が拡大していくことが予想されます。

これからのThe sandboxの成長に期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

[blogcard url=”https://amiami.xyz/metaverse-game-10-recommended-latest-rankings/”]

関連記事:メタバースゲームおすすめ最新ランキングベスト10

関連記事:メタバース初心者の稼ぎ方

関連記事:稼げるNFTゲーム>>

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次