みんなのコインで取引する際の手数料比較まとめ

みんなのコインで取引する際の手数料比較まとめ

みんなのコインは仮想通貨取引所の一つです。

おそらくこの記事を読んでいる方は、みんなのコインの手数料や各取引所の比較などを詳しく知りたくてご覧になっているかと思います。

まだご存知がない方は一度目を通しておきましょう。スムーズに始めやすくなります。

本記事では、「取引所によって違う!みんなのコインで取引する際の手数料比較まとめ」をテーマに、みんなのコインでの手数料や、取引所なども加えて詳しく解説していきますので是非、最後まで読んでいってください!

\スピーディーに口座開設/みんなのコイン

みんなのコイン口座開設

目次

みんなのコイン人気の取引所

 

みんなのコインで人気の取引所を紹介します。

 

bitFlyer

ビットフライヤー

bitFlyerは2014年に設立され、日本で初めて法人向けの仮想通貨決済システムを提供しました。

また、2017年には、国内で初めてビットコインの取引量が1日あたり10,000ビットコインを超えた取引所として、注目を集めました。

現在は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨のほか、ビットコインキャッシュやライトコイン、モナコインなども取り扱っています。

また、bitFlyerはビットコインの取引所としては、日本で最も知名度が高く、利用者も多い取引所の1つとされています。

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する日本発の仮想通貨取引所です。

2017年5月にサービスを開始し、ビットコインやイーサリアムをはじめとする多数の仮想通貨を取り扱っています。

GMOコインの特徴としては、安全性に重点を置いた取引システムが挙げられます。

例えば、取引所の管理者の方でも暗号化された情報に触れることができず、システムの不正利用を防止することができます。

また、ユーザーの資産を冷蔵庫に保管することによって、不正アクセスによる資産の盗難を防ぐこともできます。

さらに、GMOコインではプロジェクトファンディングやICO(Initial Coin Offering)にも力を入れており、ユーザーがより多彩な投資活動を行うことができる環境も整備されています。

 

Zaif

Zaif

Zaifは、テックビューロ株式会社が運営する日本の仮想通貨取引所です。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取り扱っており、2014年からサービスを提供しています。

加えて、NEMやモナコイン、ビットコインキャッシュなどの取り扱い数も多く、国内取引所の中でも非常に充実したラインナップを保持しています。

また、最近では、AIを活用した取引所全体のセキュリティ性を高めるための取り組みも進めています。

 

Binance

Binance

Binanceは、中国の仮想通貨取引所であり、2017年に設立されました。

現在では、取引量の面で世界最大の取引所の1つとなっています。

Binanceは、様々な仮想通貨を取り扱い、ユーザーが自身の仮想通貨の取引を行うだけでなく、ステーキングや暗号資産のレンディングといったサービスも提供しているため、多方面において需要が高い取引所の1つです。

また、Binanceは独自通貨であるBNB(バイナンスコイン)を発行し、そのコインを使って取引手数料を支払うことで手数料の割引を受けることができます。

 

みんなのコインの手数料比較

ここでは最低手数料、最大手数料、平均手数料を各それぞれ解説します。

 

最低手数料

bitflyerビットコイン/円の取引では、取引金額に応じて手数料が変動します。

例えば、1万円未満の場合は22円、1万円以上の場合は44円です。

  • GMOコイン : 全ての取引ペアにおいて、取引金額に対して0.01%の手数料がかかります。最低手数料は0.001円です。
  • Zaif : 全ての取引ペアにおいて、取引金額に対して0.1%の手数料がかかります。最低手数料は5円です。
  • Coinbase : Coinbase Proにおいて、全ての取引ペアにおいて、取引金額に対して0.5%以下の手数料がかかります。最低手数料は0.1USDです。
  • Binance : 全ての取引ペアにおいて、取引金額に対して0.1%の手数料がかかります。最低手数料は0.0001BTCです。

 

最大手数料

  • bitFlyer: ビットコイン/円の取引では、取引金額に応じて手数料が変動しますが、最大で0.15%です。
  • GMOコイン: 取引手数料は無料ですが、ビットコインの出金手数料は最大で0.001BTCです。
  • Zaif: 取引手数料は最大で0.1%です。
  • Coinbase: 取引手数料は最大で1.49%です。
  • Binance: 取引手数料は最大で0.1%です。しかし、Binanceコイン(BNB)を使うことで、割引率を得ることもできます。

 

平均手数料

  • bitFlyer: ビットコイン/円の取引は約0.15%、ビットコイン/アルトコインの取引は約0.20%
  • GMOコイン: ビットコイン/円は約0.05%、ビットコイン/アルトコインの取引は約0.25%
  • Zaif: 取引金額に応じて手数料が変動しますが、ビットコイン/円の取引は0.10%前後、アルトコインの取引は最大で1.00%
  • Coinbase: 取引金額によって変動する手数料がありますが、平均は約1.49%です。
  • Binance: 約0.10%です。ただし、Binanceの独自トークンであるBNBを保有している場合は、手数料割引の対象となるため、手数料は最大で50%引き下げられます。

 

みんなのコインその他の取引所

 

Liquid

Liquid

Liquidは、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を取り扱うだけでなく、日本円やアメリカドル、ユーロなど、複数の法定通貨による入出金も可能な取引所です。

また、他の取引所との通貨の貸出しや借入れ、クイックトークン決済など、いくつかの特色あるサービスを提供しています。

Liquidは、高いセキュリティ機能を備えており、冷却財布に保管された資産保護、2段階認証、データ暗号化など、さまざまな手段で顧客のプライバシーを保護しています。

さらに、取引所は日本の金融庁からライセンスを取得しており、規制遵守にも力を入れています。

また、プロのトレーダーや機関投資家など、上級者向けの取引所として位置づけられていますが、初心者向けのツールやチュートリアルも提供しており、幅広いユーザー層に対応しています。

 

Bitfinex

Bitfinex

Bitfinexは、香港を拠点とする仮想通貨取引所であり、ビットコインなどの約60種類の仮想通貨の取引を行っています。

Bitfinexは、最初に仮想通貨のマージントレードを提供した取引所の1つであり、現在もマージントレードができる取引所として知られています。

Bitfinexは、サイトの使用や取引手数料が比較的高いことから、より経験豊富なトレーダーや機関投資家向けの取引所とされています。

また、Bitfinexは、2016年にハッキング事件を経験しているため、セキュリティに対する取り組みに力を入れています。

 

Kraken

Kraken

Krakenは、アメリカを拠点とする仮想通貨取引所で、2011年に設立されました。

主にビットコインをはじめとする13種類以上の仮想通貨の取引ができます。

また、世界でもっとも信頼性の高い仮想通貨取引所の一つとされており、セキュリティ面にも力を入れています。

そして、法律に基づくKYC(顧客審査)を行っており、高いセキュリティや取引手数料の低さ、多言語サポートなどの特徴があります。

\スピーディーに口座開設/みんなのコイン

みんなのコイン口座開設

Huobi

Huobi

Huobiは、中国を拠点とする仮想通貨取引所で、2013年に設立されました。

主にビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨の取引を行っており、世界各地に拠点を持つグローバルな取引所の一つです。

Huobiは、安定性が高く、多機能で使いやすい取引プラットフォームを提供しています。

取引手数料も競合他社と比較して比較的低く抑えられています。

また、Huobiは、ユーザーが安心して取引できるよう、セキュリティの強化にも力を入れています。

 

まとめ

みんなのコインで取引する際の手数料比較まとめ

以上、「取引所によって違う!みんなのコインで取引する際の手数料比較まとめ」でした。

みんなのコインの各取引所の特徴と手数料を比較しましたが、いかがでしたでしょうか。どれが良いかとても迷ったかもしれません。それぞれ手数料が異なり、どれが良いかはご自身の判断で試してみてください。

一番最後に紹介した取引所もぜひ検討してみるのもいいでしょう。ぜひ楽しんでくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

[blogcard url=”https://amiami.xyz/virtual-currency-13-recommended-exchange-rankings-in-japan/”]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次