コインチェックieoやフィナンシェトークンなどわかりやすく解説

コインチェックieoやフィナンシェトークンなどわかりやすく解説

フィナンシェトークン(FNCT)は、株式会社フィナンシェによって運営されるクラウドファンディングサービス「FiNANCiE」のプラットフォームトークンで、ブロックチェーンを活用した暗号資産です。

FNCTはFiNANCiEコミュニティの成長とグローバルエコシステムの拡大を促進するために発行され、コミュニティのサポーターに対するインセンティブ報酬として使用されます。 

また、Ethereumのブロックチェーン上で発行されたFNCTは、他の暗号資産と同様に取引所で売買可能です。

コインチェックが提供するIEOプラットフォーム「コインチェック IEO」では、FNCTの販売が行われ、IEOプロジェクト第2弾として提供されました。

今回は、コインチェックIEOで販売されたフィナンシェトークンについて詳しく解説していきます。

 

目次

コインチェックIEOとは

 

コインチェックIEOは、仮想通貨取引所で、2018年に通貨流出問題がありましたが、現在はマネックス証券によって運営され、高い信頼性を持つ取引所として知られています。

この取引所は、2021年7月1日にIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォームを導入しました。IEOは、仮想通貨プロジェクトがトークンを発行し、資金調達を行う方法で、IPO(株式公開)に似ていますが、ICO(Initial Coin Offering)よりも信頼性が高いとされています。

IEO、ICO、IPOは、共通して事業資金調達を目的としていますが、それぞれ異なる特徴があります。IEOは、事業資金調達に加えてトークンエコノミーの構築を重視し、この点が他の手法と異なります。

IEOとICOは、両方とも暗号資産を使用して資金調達する手法ですが、ICOには事前の審査がなく、詐欺的なプロジェクトも存在します。コインチェックIEOでは、取引所がプロジェクトを審査し、トークン販売を行い、発行元企業についても詳細な調査を行います。また、資金調達後も情報発信を監視します。

さらに、IPOではブックビルディング参加に手数料がかからない一方、IEOでは申込金額に手数料率が適用され、手数料が発生します。

 

フィナンシェとは

FNCTは、FiNANCiE上で発行されるプラットフォームトークンで、コミュニティトークン同士を効果的に結びつけ、コミュニティトークンの価値を長期的に向上させる役割を果たします。

具体的には、FiNANCiEのユーザーに報酬として提供されたり、成長するコミュニティにインセンティブを提供することが考えられています。

さらに、FNCTはFiNANCiEのエコシステム全体のガバナンスに参加できる機能も備えており、「ユーザー主体の運営」を実現する一助となります。

 

フィナンシェトークンとは

 

フィナンシェトークン(FNCT)は、FiNANCiEプラットフォームの活性化に寄与する仮想通貨です。FNCTを理解するためには、ますますFiNANCiEが提供するサービスを把握する必要があります。

FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を駆使した新しい世代のクラウドファンディングサービスです。

これは、伝統的なサービスと異なり、トークン販売を通じた資金調達に加え、トークンマーケットでのコミュニティ運営と手数料収入を実現します。

この特徴から、「クラウドファンディング2.0」という表現で新たな進化を遂げています。

このセクションでは、FiNANCiEの理解を深めるために、以下の2つの主要な機能に焦点を当てて説明します。

 

CT(コミュニティトークン)の発行をしている

 

FiNANCiEでは、スポーツチームやクリエイターを「オーナー」とし、オーナーを支援するファンを「サポーター」と呼んでいます。

オーナーは、「CT(コミュニティトークン)」を発行・販売(ファンディング)して資金調達し、同時にコミュニティを構築できます。

一方、サポーターはCTを購入し、コミュニティの一員となり、オーナーの活動をサポートできます。これにより、トークン保有者はコミュニティ内での投票やオーナーへのメッセージ送信などが可能になります。

 

CTのマーケットプレイス

 

CTは初期ファンディングに基づいた価格で専用のマーケットプレイスで取引(日本円との交換)ができます。

CTは初期販売後も取引可能であり、オーナーの成功によりCTの需要が高まり、価格が上昇する可能性があります。価格上昇時にCTを保有していたサポーターは売却益を得ることができるかもしれません。

 

フィナンシェトークンのメリット

 

ステーキングに参加して報酬獲得可能

 

FNCTの保有者は、特定のスマートコントラクトに一定期間FNCTをロックし、ステーキングに参加することで報酬を獲得できます。

ステーキング期間終了後、ステーカーはインセンティブ報酬をもらえます。この報酬には「バリデート報酬」と「デリゲート報酬」という2つの種類があります。

バリデート報酬はFiNANCiE Lightningと呼ばれるレイヤー2ソリューションによってEthereumチェーンに記録されたCTの取引に関与し、トークン価値とネットワークの信頼性を維持するバリデーターに支払われます。

バリデート報酬はFNCT発行上限の42%をコミュニティのアロケーションから受け取ります。デリゲート報酬はバリデーター以外のステーカーがバリデーターにデリゲートすることで得られ、これにより一部のバリデート報酬を受け取ります。詳細な情報はFNCTのホワイトペーパーで確認できます。

 

ユーティリティ性が高い

 

FNCTのステーカーは、FNCTエコノミーを発展させるためのガバナンス(投票プロセス)に参加する機会を享受できます。これらの投票は不定期に行われ、FNCT保有者に事前通知が提供されます。

また、FNCT保有者は、CTを購入する際に使用するFiNANCiEポイントをFNCTで支払うことができ、これにより通常よりも多くのCTを購入できる利点があります。

FNCT保有者は、保有数に基づいて特典を受けることができる機能を利用できます。保有数が増えると、高いグレードが与えられ、FiNANCiE上での取引において優遇されるでしょう。

さらに、FNCT保有者は、自身のトークンを特定のコミュニティに寄付できる機能を使用できます。特定のコミュニティと寄付量を指定すると、そのコミュニティのオーナーが指定したウォレットにFNCTが直接送信され、FiNANCiE上で寄付が記録・表示されます。

 

BuybackとBurnの計画がある

 

FiNANCiEは、FNCTの供給調整と価値の支援のために、四半期ごとにFNCTの市場からの購入(Buyback)計画を実施する予定です。

Buybackの資金は、FiNANCiEのCTマーケットプレイス取引手数料の20%以内から提供されます。Buybackのスケジュールと成果は、専用のウェブサイトで報告および公開される予定です。

購入したFNCTの一部は報酬プールに加えられ、残りはBurn(焼却)されます。Burn量は市場に流通するFNCTの1%までとされていますが、総発行量の50%を上限とし、これを超えて焼却されることはないと公表されています。Burnのスケジュールと成果も、専用のウェブサイトでアナウンスされる予定です。

 

まとめ

以上、コインチェックieoやフィナンシェトークンなど詳しく解説しました。

今回のコインチェックieoやフィナンシェトークンはいかがでしたでしょうか?

コインチェックieoは2021年に導入され、2023年にはフィナンシェトークンにも導入されました。

これらを通してieoについてご理解いただけましたら幸いです。

これからより注目度を集めることが予測されるので今後の活躍も期待しましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次