ChatGPTが使えない? vpnや対処方法を解説

ChatGPTが使えない? vpnや対処方法まとめ

ChatGPTはログイン中は非常に役立ちますが、時には履歴にアクセスできず、また文章生成AIの豊富な知識にもアクセスできないことがあります。

また、ChatGPTがすべての国からアクセスできないことも問題になっており、使えない状態になっているのも事実です。

VPNを使用することで、ChatGPTがアクセスが制限されている国にいる利用者を、別の国にいるように見せることができ、ChatGPTへのアクセスをサポートすることができます。

今回は、ChatGPTが使えない原因や、vpnなどを利用した対処法を詳しく解説していきますので、最後まで読んでいってください。

 

目次

ChatGPTでログインできない原因と対処法10選

Can't use ChatGPT?

ChatGPTの最も一般的なログインエラーは、「ChatGPT is at capacity right now(ChatGPTは現在定員に達しています)」というものであり、このエラーは多数のユーザーが同時にアクセスを試みる際に発生するものです。

もう一つのログインエラーは、ログイン処理がループしてしまうことです。

ChatGPTのログインページにおいて、ユーザーがログイン情報を入力し、「Login」ボタンをクリックしても、何度やっても再び同じログインページにリダイレクトされ続けてしまう、という問題が発生することがあります。

確実な方法はありませんが、試してみる価値がある10の方法を紹介します。

 

1.しばらく待つ

もしChatGPTが混み合っていてログインできない場合、しばらく時間を置くことも考えられます。

しばらく待ってから再度アクセスすると、サーバーの負荷が減ってログインできる可能性が高くなります。

このような問題が解決するまでには通常15~20分程度の時間がかかります。

その後は、別の解決策を試さなくても、ChatGPTへのアクセスが可能になるはずです。

また、「Get notified when we are back」ボタンをクリックすることで、ChatGPTの復旧時にメール通知を受け取ることもできます。

 

2.ChatGPTサーバーの状態をチェックする

ChatGPTが混み合っている問題が発生した場合は、ChatGPTサーバーの状態をチェックすることができます。

サーバー側に何らかの問題がある場合、復旧までしばらく時間がかかることがあります。

ChatGPTのサーバーの問題やアップデートによる中断などを確認するには、ChatGPT Server Statusのページをチェックすることができます。

 

3.インターネット接続をチェック

ChatGPTにログインする場合、あなたのログイン情報がサーバーに送信されるログインページにアクセスする必要があります。

インターネット接続が不安定で弱い場合、ログインページへの情報の転送が遅れ、読み込みに時間がかかり、ログインエラーが発生し、最終的にはページがタイムアウトする可能性があります。

インターネット接続が不安定だとログインエラーになる場合は、インターネット接続をチェックして、違うネットワークに切り替えたり、ルーターを再起動したりすることで解決することがあります。

 

4.VPNを無効にする

VPNを利用すると、異なるサーバーやネットワークを介してインターネットに接続するため、特定のウェブサイトやサービスへのアクセスに問題が生じることがあります。

例えば、あなたが利用しているVPNプロバイダーがChatGPTをブロックしていたり、VPN自体が遅延や問題を引き起こしている可能性があります。

そのため、VPNを無効にして通常のインターネット接続を使い、ChatGPTにアクセスしてみるのもありです。

 

5.ブラウザのキャッシュをクリア

ChatGPTにアクセスできない場合、問題の原因はブラウザのキャッシュにある場合があります。

ブラウザがウェブサイトにアクセスすると、そのウェブサイトに関連する小さなデータやCookie、その他の情報を保存しているデータがある場所をキャッシュと呼んでいます。

キャッシュが壊れていたり古くなっている場合、読み込みに時間がかかったり、エラーが発生したりすることがあります。

また、特定のプラットフォームへのアクセスがブロックされたりもします。

ChatGPTのログインエラーを解決するためには、ブラウザのキャッシュをクリアしてみることができます。

キャッシュは一時的に保存されるものなので、クリアしても大切なファイルが損なわれることはありません。

 

6.ChatGPT Plusを購入

「ChatGPT is at capacity right now」という混雑状態といった問題を避けたい場合、そのために「ChatGPT Plus」のサブスクリプションを購入することができます。

この選択肢は、賢明な選択肢と言えます。

「ChatGPT Plus」の月額サブスクリプションに加入することで、ChatGPTが混雑しているときでもログインすることができます。

このサブスクリプションは月額20ドルです。

 

7.ChatGPTから違うものに変える

ChatGPTにログインできない問題が長引いたり、業務に悪影響を与えるようであれば、他の文章生成AIプラットフォームを検討することも一つの手かもしれません。

ChatGPTはAIチャットボットの中でも人気が高いプラットフォームですが、同様の機能を備えたAIチャットボットは複数存在しています。

 

8.ページを更新する

初めはうまくいかないかもしれませんが、ページを複数回更新してみてください。

ブラウザにそのページの最新バージョンを表示させるために、何度か更新をする必要があります。

ChatGPTが利用可能になるとすぐにでも気づくことができます。

 

9.逆にVPNを有効にする

前途でVPNを無効にすると良いかも知れないと述べましたが、逆に有効にしてみるのも良いかもしれません。

これは新しいセッションを開始することで解決できる可能性があります。

エラーの原因は場所に関連しているため、デバイスを別の場所に移動することで、開いているスロットにアクセスできるかもしれません。

ChatGPTのエラーを回避するには、VPNアプリ(例:ExpressVPN)をダウンロードして、ChatGPTが動作する国のVPNサーバーを選択することができます。

新しいIPアドレスを利用することができます。この状態でChatGPTに再びアクセスし、エラーが解消したかどうか確認できます。

 

10.シークレットモードを使用

ブラウザのキャッシュやcookieを消去する代わりに、新しいウィンドウを開くことでエラーを解決することもできます。

たとえば、Chromeのシークレットモードや他のブラウザのプライベートウィンドウを使用することで、新しいウィンドウを開くことができます。

これにより、以前のセッションや情報が残らず、新しいセッションが開始されます。

エラーが解決されているかどうかを確認してください。

 

ChatGPTが使えない? vpnや対処方法まとめ

以上、ChatGPTが使えない原因とVPNを含めてその対処方法を詳しく解説しました。

ChatGPTは便利で使用している方が多いですが、使えない状態になることもあります。

これによって困っているユーザーが多いのが事実です。

しかし、確実な方法ではないですが、VPNを使用したり、キャッシュをクリアにしてみたりと上記で紹介した対処方法を色々試してみてはいかがでしょうか。

ご自身のアカウントを守るためにととても大切なことです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次