クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)のメリット・デメリットは?始め方まで徹底解説

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、日本でも多くの方が利用している仮想通貨取引所Bybit(バイビット)が提供するウォレットです。

外部のWeb3サービスを利用できるBybitのプラットフォーム、「Bybit Web3」を利用する際に推奨されているウォレットとなっています。

Bybit Web3の知名度自体が低いため「MetaMask(メタマスク)などのウォレットと何が違うの?」「利用するメリットはあるの?」と疑問に思う方も多いかと思います。 

当記事では、クラウドウォレットのメリット・デメリットや使い方をわかりやすく解説していきます。

目次

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)とは?

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、Bybitが提供するWeb3対応のカストディアルウォレットです。 

カストディアルウォレットとは、第三者がプライベートキーを管理するWeb3ウォレットです。

クラウドウォレットは、以前はBybit Walletと呼ばれていました。現在でもBybitヘルプセンターの情報やユーザーインターゲースの一部にBybit Walletという名称が残っていて混乱するかもしれませんが、名称変更しただけで同じものを指します。

以下の点から、仕組みや特徴をチェックしましょう。

クラウドウォレットの仕組みや特徴
  1. Bybit Web3が利用できる
  2. Bybit Web3の推奨ウォレット
  3. 17のネットワークに接続可能
  4. 秘密鍵をBybitが管理する仕組み
  5. MetaMaskと同じ感覚で利用可能
  6. Bybitとの内部送金はできない

Bybit Web3が利用できる

クラウドウォレットを持っていると、Bybit Web3のサービスが利用できます。

Bybit Web3では、以下3つの機能が利用できます。 

  • マーケットプレイス(NFT等
  • 取引(DEX等
  • 資産運用(ステーキング等

仮想通貨の取引や資産運用など、一見Bybitの従来の取引所機能でも利用できるように見えるサービスが並んでいますが、Bybit Web3の特徴は、Bybitが独自に提供するサービスではなく、Web3の外部サービスと接続するサービスであることです。

たぬき

Web3を使いやすくするサービスだポン!

例えば、取引は分散型取引所(DEX)のApeXに接続しますし、ステーキングはカーブ(curve)などの外部のDeFi(分散型金融)に接続します。

一見同じように見えても、Bybitの従来の取引所機能とは違いがありますので、よく確認しましょう。

Bybit Web3の推奨ウォレット  

クラウドウォレットは、Bybit Web3の推奨ウォレットに位置付けられており、Bybit Web3の全ての機能が利用できます

Bybit Web3のウォレット接続画面では知名度の高いPhantom(ファントム)やMetaMaskが選択肢として表示されており、「WalletConnect」からそのほかのウォレットも接続できます。

しかし、例えば新規発行トークンを購入できるIDOのサービスでは、クラウドウォレット内の資産で参加条件を満たしているかの判定が行われます。そのため、Bybit Web3の全機能を活用したい方は、クラウドウォレットを作成することをおすすめします。

Bybit Web3はほかのウォレットも利用可能

また、クラウドウォレットを利用していれば、ウォレット部分を含めてBybitのサポートサービスが利用できますので、Web3やDeFiに慣れていない方にはクラウドウォレットを利用するメリットがあります。

たぬき

ウォレット作成もボタン一つだポン!

17のネットワークに接続可能

2024年5月現在は、以下の17のネットワークに接続可能なマルチチェーンウォレットです。

クラウドウォレットの対応ネットワーク
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • ソラナ(Solana)
  • BNBチェーン(BNB Chain)
  • ポリゴン(Polygon)
  • アービトラム・ワン(Arbitrum One)
  • マントル(Mantle)
  • ベース(Base)
  • リニア(Linea)
  • オプティミズム(Optimism)
  • アバランチC(Avalanche C)
  • zkSync Era
  • ファントム(Fantom)
  • スイ(SUI)
  • マンタ・パシフィック(Manta Pacific)
  • ゼータチェーン(ZetaChain)
  • マーリン・チェーン(Merlin Chain)

イーサリアムやソラナといった主要ネットワークで利用できることから、有名なDeFiの利用で困ることはないでしょう。

当初は対応ネットワークは12種類でしたが、よりマイナーなチェーンも徐々に追加されています。利用できるネットワークの最新情報は、ウォレットの操作画面で確認できます。

秘密鍵をBybitが管理する仕組み

クラウドウォレットは、利用に必要なプライベートキー(秘密鍵)をBybitが保管するという特徴があります。

MetaMask(メタマスク)などの有名なWeb3ウォレットでは、利用に必要なプライベートキー(秘密鍵)を個人で管理する必要がありました。万が一これをなくしてしまうと、ウォレットの中の資産を取り出すことができなくなってしまいます。

らっこ

ブロックチェーンの世界の怖いところっコ・・・

一方クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)では、プライベートキーをBybitが保管しますので、忘れる心配がなく安心して Web3のトークン経済を楽しめます。

MetaMaskの秘密鍵を自分で管理する仕組みは、企業などによる中央集権化を避けようとする仮想通貨(暗号資産)業界やブロックチェーンの性質によって生まれたものです。しかし、これまでの中央集権的なサービスに慣れたユーザーにとっては不便に感じられることもあります。

このため、Bybitはあえてユーザーがプライベートキーを管理する必要ないカストディアルウォレットを提供しています。プライベートキーに限らず、Bybitが24時間のサポートサービスを提供しているのもカストディアルウォレットとしてのメリットです。

以下は、カストディアルウォレット(クラウドウォレット) とノンカストディアルウォレットの比較表です。 

 カストディアルウォレット
 (クラウドウォレット) 
ノンカストディアルウォレット
 (MetaMaskなど) 
プライベートキー Bybitが管理 ユーザー自身で管理 
パスワードの保管 なし なし 
本人確認の必要性 不要 不要 
トランザクション手数料 ブロックチェーンネットワーク手数料 ブロックチェーンネットワーク手数料 
使いやすさ 使いやすい 使いづらい 
カスタマーサポート 24時間対応 なし 

なお、Bybitは、アプリからのみ作成可能な、ノンカストディアルウォレットの「キーレスウォレット(MPCウォレット)」も提供しています。

MetaMaskと同じ感覚で利用可能 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、MetaMask(メタマスク)などの有名ウォレットと同じ感覚で利用できます。Chromeの拡張機能にも対応しています。

Web3のプロダクトは、ブラウザで操作する場合が多くなっています。

そのため、Chromeの拡張機能に追加しておくことで、Web3プロダクトとクラウドウォレットの接続がスムーズになります。

▼クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)をChrome拡張機能に追加する方法

Bybitとの内部送金はできない

Bybitの取引所ウォレットとの内部送金(資金振替)ができれば、送金手数料がかからず便利なのですが、残念ながらクラウドウォレット(旧Bybit Wallet)はBybitの取引所ウォレットとは別のウォレットです。

そのため、クラウドウォレットに入金するためには手数料を負担してオンチェーン送金をする必要があります。

通常と同じ手数料が発生してしまいますが、送金操作は少しやりやすくなっています。クラウドウォレットが作成されると自動でBybitの取引所ウォレットに登録されますので、出金先としてワンクリックで選択することができます。

Bybit出金画面

【MetaMaskと比較】クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)を利用するメリット 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、初心者でも安心して利用できるWeb3ウォレットです。 

Bybit Web3の推奨ウォレットなので、Bybit Web3で提供されている様々なDeFiプロダクトやNFTマーケットプレイスを簡単に利用することができます。 

ここからは、カストディアルウォレットであるクラウドウォレットと、ノンカストディアルウォレットとして最も有名なMetaMask(メタマスク)を比較し、クラウドウォレットのメリットを紹介します。

クラウドウォレットのメリット
  • 対応ネットワークが豊富
  • プライベートキーが不要
  • カスタマーサポートを提供

メリット①|対応ネットワークが豊富

クラウドウォレットの対応ネットワークは17種類なので、少ないという印象を受けるかもしれません。

しかし、EVM(イーサリアム仮想マシン)をベースにしていないソラナなどにもデフォルトで対応しているため、対応ネットワークはむしろ豊富なウォレットです。

たぬき

メジャーなネットワークをカバーしてるポン!

MetaMaskは「カスタムRPC」と呼ばれる機能があり、利用するネットワークを自由に追加することができます。このため対応ネットワークが多い印象を受けますが、追加できるのはEVMベースのネットワークに限定されています。

ソラナなどの非EVMのネットワークは、MetaMaskの標準機能では利用できず、別途プラグインが必要です。

一方、クラウドウォレットはソラナなどの非EVMのネットワークも標準機能で利用できます。

メリット②|プライベートキーが不要 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、Bybitが提供するWeb3対応のカストディアルウォレットであるため、プライベートキーの自己管理が不要です。 

プライベートキーを管理するのが不安な方が多い中、クラウドウォレットではBybitが管理してくれるため安心してWeb3ウォレットを利用できるのがメリットです。  

たぬき

初心者向けのウォレットだポン!

クラウドウォレットでは、ログインに必要なパスワードがBybitマイページのログインに使うパスワードと同じです。パスワードを忘れてしまった場合でも、登録したメールアドレスや電話番号を利用してパスワードのリセットが可能です。

一方、MetaMaskでは、パスワードを忘れると「シークレットリカバリーフレーズ」という復旧用の情報がなければウォレットにアクセスできません。この「シークレットリカバリーフレーズ」までなくすと復旧が不可能になってしまうのが初心者にとってはリスクになっています。

メリット③|カスタマーサポートを提供

MetaMaskなどのノンカストディアルウォレットは、分散型であることが特徴なので、サポートが提供されないことが多いです。

MetaMaskも問い合わせルートは基本的にないので、わからないことがあっても、ヘルプセンターの資料を参照するかコミュニティチャネルで質問するしか解決方法がありません。

一方、クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は24時間のカスタマーサポートが受けられます。これが、初心者に向いている大きな理由です。

メリット④|使いやすい

MetaMaskなどの有名なノンカストディアルウォレットは、ブラウザの拡張機能の小さなウィンドウで利用することを前提に設計されているため、画面上で確認できる情報も少なく使いにくいです。

一方クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、Bybit Web3と連携して利用すると見やすい画面で操作できます。

Bybitクラウドウォレットの操作画面

このユーザーインターフェースはMetaMaskを接続しても利用できます。MetaMaskの操作画面がわかりにくかった方は、この画面でMetaMaskを操作するとわかりやすくなるかもしれません。

【MetaMaskと比較】クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)を利用するデメリット 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、サービス開始からそこまで月日が経っていないこともあり、不十分な面もあります。 

今後改善される点も多くあると思いますが、現時点でのデメリットを2つ、MetaMask(メタマスク)と比較して紹介します。 

らっこ

利用を考えている人は読んでっコ!

クラウドウォレットのデメリット
  1. ネットワークの追加不可
  2. 知名度が低い

デメリット①|ネットワークの追加不可

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、ネットワークをユーザーが追加できないのがデメリットといえます。 

MetaMaskでは、カスタムRPCと呼ばれる機能でEVM(イーサリアム仮想マシン)をベースとしたネットワークを追加できます。さらに、プラグインを利用することでソラナなどのEVMをベースとしないネットワークも一部利用できます。

一方、クラウドウォレットは初心者向けのウォレットなので、MetaMaskなどにある柔軟なカスタマイズ機能はあえて盛り込まなかったものと思われます。

らっこ

シンプルな機能になっているっコ

具体的には、例えば新興ネットワークが急激に知名度を獲得した場合などに不都合が生じるかもしれません。EVMベースのネットワークだった場合、MetaMaskであればカスタムPRCを使って利用できるのに、クラウドウォレットはできないという状況が発生してしまいます。

よくも悪くも初心者向けのウォレットなので、草コインや新興プロジェクトに投資したい方には不向きです。その点を理解して利用した方がいいでしょう。

たぬき

主要なネットワークは対応してるから、有名なプロダクトであれば問題ないポン!

デメリット②|知名度が低い 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、比較的新しいサービスであるため、知名度が低く使い方がわからないユーザーが多いです。 

Bybitのヘルプセンターに利用方法に関するガイドが掲載されていますが、日本語の情報はまだ限られているデメリットがあります。

たぬき

 困ったらサポートに聞くこともできるポン!

Bybitは日本人ユーザーの多い取引所なので、今後クラウドウォレットの知名度が上がれば使いやすくなるかもしれません。

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)の使い方

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)はBybit公式サイトから2クリックで簡単に作成できます。また、ログイン時の情報はBybit本体のものと共通になりますので、簡単にログインできます。

ここからは、クラウドウォレットの使い方について、以下の方法を画像で紹介します。

クラウドウォレットの使い方
  1. 作成方法
  2. 接続方法
  3. Chrome拡張機能の使い方

クラウドウォレットの作成方法

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は以下の方法で作成できます。

STEP
Bybitにログインする

クラウドウォレットはBybitにログインした状態でないと作成できません。Bybitのアカウントを持っていない人はまずアカウントを開設してログインしてください。

STEP
「ウォレットを作成」をクリックする

上部のメニューから「WEB3」をクリックしてBybit Web3のポータルに移動し、トップページの「ウォレットを作成」をクリックします。

Bybitクラウドウォレット作成
STEP
「今すぐ作成する」をクリック

「今すぐ作成する」をクリックします。

Bybitクラウドウォレット作成

正しく作成されると、「作成が完了しました」の画面が表示されます。ここまでの手順で、Bybitアカウントとの紐づけも完了し、ウォレットが接続されている状態になります。

Bybitクラウドウォレット作成完了

クラウドウォレットの接続方法

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)はBybitのアカウント情報と紐づいていますので、Bybitにログインすると自動的に接続されます。

別のウォレットを接続するなどで接続を手動で解除した場合は、以下の方法で再接続できます。

たぬき

簡単にできるポン!

STEP
「ウォレットを接続」をクリック

画面右上にある「ウォレットを接続」を選択します。

Bybit Web3ウォレットを接続
STEP
「Bybit Cloud Wallet」でログイン

Bybit WalletのタブにあるBybit Cloud Walletの「ログイン」を選択します。

Bybitクラウドウォレット接続(ログイン)
STEP
Bybitのログイン情報を入力

Bybitにログインする際に必要な情報を入力し、「ログイン」を選択します。

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は1アカウントにつき1つ作成されるものなので、これだけでログインが完了します。

Bybitログイン情報入力

非常に簡単なので、初心者の方でもとまどうことはないでしょう!

Chrome拡張機能に追加する方法

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、MetaMaskと同様にChrome拡張機能で利用できます。

Chromeを設定する方法は、いくつかありますが簡単な方法を紹介します。

STEP
ウォレットを追加を選択

Bybit Web3の画面右上にあるウォレット情報(ウォレット名または「ウォレットを接続」を選択後、画像赤枠の「ウォレットを追加」を選択します。

Bybitウォレットを追加
STEP
拡張機能をダウンロード

「ウォレットを接続」画面が表示されるので、中段にある「Bybit Wallet拡張機能」の「ダウンロード」を選択します。

BybitのクラウドウォレットChrome拡張機能
STEP
Chromeに追加

Chromeの拡張機能をダウンロードするページに切り替わるので、「Chromeに追加」を選択します。

BybitのクラウドウォレットChrome拡張機能

再度以下の確認画面が表示されたら「拡張機能を追加」を選択して完了です。

BybitのクラウドウォレットChrome拡張機能

クラウドウォレットはBybitのスマホアプリからも利用できますので、あわせてダウンロードしておくとスマホでも簡単に操作できるため便利になります!

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)を使ってWeb3を体験しよう! 

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、DeFiプロダクトやNFTマーケットプレイスが利用しやすくなったWeb3ウォレットです。 

これまでのWeb3ウォレットでは、個人でプライベートキーを管理する必要があったり、利用方法は複雑だったりして慣れるまで時間がかかるサービスが多くありました。 

クラウドウォレットは、すでに使い慣れている方も多いBybitがWeb3に対応した機能として提供しているため、かなり使いやすくなっています。

初心者にもオススメのクラウドウォレットを利用してWeb3体験をしてみましょう! 

Bybit口座開設

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)のよくある質問 

ここからは、クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)のよくある質問を紹介します。

クラウドウォレットとBybit Walletは別のものですか?

いいえ、クラウドウォレットとBybit Walletは同じものです。Bybit Walletがクラウドウォレットに名称変更されましたが、現在もヘルプセンターやユーザーインターフェースに「Bybit Wallet」の表記が残っています。

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)が対応しているネットワークは何種類ですか?

クラウドウォレット(旧Bybit Wallet)は、17種類のネットワークに対応しています。ヘルプセンターの情報には最新情報が反映されていない可能性がありますので、対応ネットワークについてはウォレットを接続してみて確認することをおすすめします。

Bybit Web3のウォレットは何種類ですか?

Bybit Web3では2種類のウォレットが提供されています。Bybitがプライベートキーの管理を行うクラウドウォレット(旧Bybit Wallet)と、ユーザーがプライベートキーの管理を行う「キーレスウォレット(MPCウォレット)」です。キーレスウォレットは、アプリからのみ利用できます。

Bybit Web3を利用するにはクラウドウォレットが必要ですか?

いいえ、Bybit Web3にはMetaMask(メタマスク)など他のウォレットでも接続できます。ただし、一部の、機能はクラウドウォレット(旧Bybit Wallet)でしか利用できないため、クラウドウォレットを作成して利用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次