【図解】AAXのセービングサービスの利用方法

AAXでは、仮想通貨を預け入れて利息報酬を得るサービスは「セービング」と呼ばれています。決められた期間資産をロックして行う固定期間セービングと、いつでも追加・引き出しが可能なフレキシブルセービングの二種類のサービスがあります。

固定期間セービングは、ロックアップ期間中は引き出すことができません。一方、フレキシブルセービングはいつでも入金と引き出しが可能なため、一定期間ロックするセービングよりもはるかに自由度は高いのですが、受け取れる報酬額は固定期間セービングよりも少なくなります。

この記事では、AAXのセービングサービスを利用する方法を図解します。

[rtoc_mokuji title=”” title_display=”” heading=”” list_h2_type=”” list_h3_type=”” display=”” frame_design=”” animation=””]

目次

AAXのセービングの基本情報

AAXのセービングは、「Est. APY」として、推定の年間利回りが表示されています。

固定セービングの推定年利は4%~60%程度、フレキシブルセービングの推定年利は2.5%~10%程度です。この数値からも、一定期間資金がロックされる固定セービングの方が大幅に有利になっていることがわかりますね。

固定セービングは、資金がロックされる期間を選べる場合もあり、最大で7、14、30、60、90日間の選択肢があります。もちろん、期間が長くなるにつれて推定年利が高くなります。

なお、利息付与の計算は、セービングの申請が完了した翌日の協定世界時(UTC)0時に開始されます。日本とUTCの時差は9時間なので、日本時間の朝9時に付与されるということですね。

AAXのセービングの方法

まずスポットアカウントからセービングアカウントへ資金移動を行います。マイページ上部のウォレットにカーソルを合わせ、「Spot Account」をクリックします。すると現物ウォレット画面に移行するので、「Transfer」をクリックしましょう。

スポットからセービングへ資金移動

ここでは、AAXのネイティブプラットフォームトークン(取引所トークン)であるAABを500枚移動してみます。AAXもBinance(バイナンス)などと同様に、取引手数料が割引される取引所トークンを発行しています。

「Spot Account」から「Savings Account」へ、送りたいコインと数量を入力し、「Confirm」をクリックしたら資金移動は完了です。

AAXスポットアカウントからセービングアカウントへの資金移動

ここから、セービングの申請手順に入ります。セービングは、上部メニューの日本語表記では「ヴォールト」と表示されますので、ヴォールトをクリックしましょう。

AAXのセービング

固定セービングを行いたい場合は「Fixed」、フレキシブルセービングを行いたい場合は「Flexible」をクリックします。今回はいつでも開始と停止が行える、フレキシブルセービングを行ってみます。

AAXのフレキシブルセービング

仮想通貨の種類が多すぎて見つけるのが大変なので、検索窓にセービングしたい仮想通貨名を入れて検索しましょう。セービングしたい仮想通貨を見つけたら、「Subscribe」をクリックします

AABのセービング

セービングしたい枚数を入力し、「Subscribe」をクリックするとセービング開始です。

AAXのセービング開始

AAXのセービングをやめる方法

セービングをやめる時の手順も解説します。

セービングを開始したときと同様、上部メニューの「ヴォールト」をクリックします。

AAXのセービング

その後、「Finances」をクリックします。

AAXのセービングをやめる方法

固定セービングを行っていた場合は「Fixed」、フレキシブルセービングを行っていた場合は「Flexible」を選択し、セービングをやめたい仮想通貨の「Withdraw」をクリックします。

AAXのフレキシブルセービングをやめる

セービングをやめたい数量を入力し、再度「Withdraw」をクリックすると資金の引き出しが完了です。

セービングをやめたい数量を入力

まとめ

AAXのセービングサービスは気軽に行うことができます。開始・引き出しともに資金移動してある状態であれば1分で完了します。

仮想通貨現物を保有している方は、AAXのセービングを活用することでローリスクで保有資産を増やす事が可能なため、ガンガン活用していきましょう。ステーブルコインにも対応しているので、現物価格の変動が心配な方はUSDTなどでセービングを行うこともできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次