【図解】AAXの口座開設方法・二段階認証・KYCのやり方

AAX口座開設方法

AAXは、口座開設してトレードするだけなら、本人確認(KYC)なしで使用できます。

KYCなしでも1日につき2BTCまで出金することが可能で、資金量が特に多いトレーダー以外は出金に支障は出ないため、ずっと本人確認なしで使い続けるという選択肢もあります。

ただ、KYCを行うと、ボーナスや仮想通貨の「販売所」形式での購入機能など、追加の機能が利用できるようになるというメリットがあります。

この記事では、AAXの口座開設方法や二段階認証・KYCのやり方を図解します。

[rtoc_mokuji title=”” title_display=”” heading=”” list_h2_type=”” list_h3_type=”” display=”” frame_design=”” animation=””]

目次

AAXの口座開設方法

AAXの口座開設を行うには、まず口座開設フォームにアクセスします。

AAX口座開設フォーム

なお、AAXのサイトは現在一部のみ日本語化されている状態なので、口座開設手順も日本語と英語が混同していて、分かりにくい部分もあるかもしれません。この記事で紹介する手順通りに進めれば、無事に開設できます。

日本語に切り替え

AAXのサイトは、デフォルトが英語なので、まずは日本語表記に変更していきます。

トップページ右上部の言語を選択し、日本語をクリックすると日本語表記への変更が完了します。

AAX日本語表示

アカウント情報入力

①「Eメール」か「モバイル」のどちらかのタブを選択して記入し、②パスワードを入力します。その後、③AAXの利用規約とプライバシー規約への同意にチェックを入れ、「今すぐ登録」をクリックします。

AAX口座開設フォーム

パスワードの入力は1回のみなので、設定ミスがないように、目玉のマークをクリックして入力したパスワードを確認するのがおすすめです。

電話番号を入力する場合は、「090********」などの電話番号の、頭の「0」を抜いて、「90********」として入力してください。これは、国番号付きの電話番号の表示ルールです。

「今すぐ登録」をクリックすると、メールアドレスまたは携帯電話番号宛てに認証のためのメッセージが表示されます。

メールアドレスの場合は、「Verify now」をクリックしてメールアドレスの認証をしましょう。認証用のメールが届いてから200秒以内と期限があります。

AAXメール認証ボタン

電話の場合は、SMSに6桁の認証コードが届くので、それを入力してください。こちらは期限が30秒なので、素早く入力する必要があります。

口座開設が完了すると、自動でログインし、次のような画面が表れます。自身のトレードの傾向を問われるので、当てはまるものを選択して、「Get started」ボタンをクリックします。特別何か変化があるわけではないので、どれを選んでもかまいません。

AAXステータス

ちなみに、意味は左から順に「完全初心者」、「初心者」、「たまにトレードする」、「経験豊富」となります。

AAXの二段階認証の設定

AAXでは、口座開設が完了するとすぐ、二段階認証を設定する画面が表示されます。安全性が高いとされている「Google認証」が大きく表示されますが、左下の「Verify with email」(携帯電話番号で登録した場合)、または「Verify with mobile phone」(メールアドレスで登録した場合)をクリックすると、口座開設に使用した手段(メールアドレスまたは携帯電話番号)以外での二段階認証を選択できます。

AAX二段階認証

右下の「Later」をクリックすれば、先延ばしにすることもできますが、二段階認証は重要なので、なるべくここで終わらせておきましょう。

口座開設時のGoogle認証

QRコードが画面に表示されているので、それをGoogle認証アプリで読み込み、6桁のコードを入力します。その後、右下の「Continue」をクリックすれば、登録完了です。

AAX二段階認証コード入力

なお、言語を日本語に設定していたとしても、この画面は英語で表示されてしまいます。他の海外取引所と同様、QRコードの横に表示されるアルファベットのキーは、Google認証にアクセスできなくなった場合の復元に必要なので、メモして保管しておいてください

Google認証のアプリは、iPhoneかAndroidか、デバイスに応じてアプリをダウンロードします。AAXのページからは直接移動できないので、ストアでアプリの名称を入力して検索します。iPhoneは「Google Authenticator」、Androidは「Google 認証システム」です。

QRコードを読み込むには、アプリを立ち上げた後、右下に表示される「+」ボタンをクリックします。

なお、Google認証のコードを入力してもエラーが出てしまう場合は、スマホ側で、「携帯電話の日時設定を自動にする」操作を行ってください。

たぬき
これをやらないと確実にエラーが出るよ!

日時設定を自動にするには、Androidの場合、「設定」から「システム」をクリックし、「日時と時間」を選択します。そこに、「日付と時刻の自動設定」という項目があるので、それをONにします。

Google認証エラー解決方法

iPhoneの場合は、こちらのページで確認できます。

この手順でも解決しない場合は、下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
海外取引所のGoogle認証ができない! エラーの解決方法を解説 Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)で二段階認証として採用されている「Google認証」は、頻繁にエラーが起きます。 確かに二段階認証としてのセキュリティレベ...

口座開設後のGoogle認証

口座開設時に二段階認証をスキップしていた場合は、ログイン後に画面右上の青丸のアイコンにカーソルを合わせ、「セキュリティ設定」をクリックします。

AAX二段階認証選択

なお、この青丸のアイコンは、メールアドレスで登録した場合は、アドレスの最初のアルファベットとなり、携帯電話番号で登録した場合は、AAXが割り当てた数字となります。

「マイプロフィール」画面が表示されたら、「Google認証システム」の項目の右側にある「Unlinked」ボタンをクリックします。

AAXのGoogle認証選択

その後、QRコードが表示されるので、QRコードの読み取りと復元のために必要なキーの保管を行います。Google認証の6桁のコードを入力して、「確認」ボタンをクリックすると、二段階認証の設定は完了です。

AAXのGoogle認証読み取り

AAXの本人確認(KYC)の方法

口座開設がと二段階認証の設定が完了したら、次に本人確認(KYC)を行っておきましょう。

AAXでは、KYCを行わなくても1日につき2BTCまで出金することが可能ですが、KYCを行うと1日につき100BTCまで出金上限額が拡大されます。(2021年9月時点)

Binance(バイナンス)がKYCを済ませていないアカウントに対する1日あたりの出金額を引き下げたことで話題になり、仮想通貨業界の全体的な流れとしてもKYC強化の方向に進んでいますが、AAXではまだ未対策ということになります。

しかし、今後業界全体の流れでAAXも同様の制限が課される事もあるかもしれません。KYCを今のうちに行っておくと後々あわてることもないでしょう。

KYC完了でボーナスの付与もありますので、可能であればKYCを済ませておきましょう。

AAXのKYCは3段階

AAXのKYCは、Level 0とLevel 1、Level 3の3段階に分かれています。

それぞれ、1日あたりの出金限度額や利用できるサービス、提出が必要な書類が異なります。

出金額 追加サービス 必要書類
Level 0 2BTC なし
Level 1 100BTC セービング、P2P、ボーナス、Fast BUY セルフィー+運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれか一点
Level 2 100BTC 法定通貨での入出金 住所証明書

Level 0でもかなりの額が出金できる上、Level 1になると100BTCまで出金できるので、ほとんどの人はここまでで十分ですね。Level 2の場合は英語の住所証明書を提出する必要があるので、ハードルが高くなります。

また、利用できるサービスにも違いが出てきます。Level 0の時点では、スポット取引と先物取引のみしか行えませんが、Level 1になると、セービングやボーナス機能、P2P取引(AAXのプラットフォームを介して利用者同士が直接取引を行う)、日本の仮想通貨取引所でいうところの「販売所」にあたるFast BUY機能を利用することができます。

特に、セービングとボーナスは、利用したい人が多いと思われますので、影響が多いです。

あわせて読みたい
【図解】AAXのセービングサービスの利用方法 AAXでは、仮想通貨を預け入れて利息報酬を得るサービスは「セービング」と呼ばれています。決められた期間資産をロックして行う固定期間セービングと、いつでも追加・引...

Level 2になると、それに加えて法定通貨での入出金が可能になります。

なお、AAXは1日あたりの出金限度額の制限のほかに、1日あたりの資金移動可能額の制限も設定されており、それはLevel 0が1BTC、Level 1とLevel 2が10BTCです。内部の資金移動に制限がかけられているのは珍しいので、注意が必要ですね。

AAXのLevel 1 KYCの方法

AAXのLevel 1 KYCを行うには、マイページ右上の青丸のアルファベットアイコンにカーソルを当て、メニューを表示させたら「識別」をクリックします。

AAXのKYCメニュー

「マイプロフィール」画面が表示されるので、「Complete KYC Verification」をクリックします。

AAXのKYC方法

次の画面では、本人確認(KYC)が個人か法人かを選択します。個人の場合は「Personal verification」を選択し、右下の「Verify」をクリックします。

AAXのKYC書類提出画面

ここから日本語表示に戻るので、本人情報を入力して行きましょう。ミドルネームは空欄でOKです。

AAXのKYC情報入力

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのそれぞれで、どれがID番号がわからない方は、下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【Q&A】KYCのID番号は何を入れればいいですか? 仮想通貨取引所やFX業者の口座開設・本人確認(KYC)では、身分証の「ID番号」の入力が求められることがあります。 本人確認書類として使われる運転免許証・マイナンバ...

本人情報の入力を終えたら、⓵身分証明書の画像と、②セルフィーの画像をアップロードします。セルフィーは、身分証明書と「AAX・西暦からの本日の日付・自身の名前」を書いた紙を持って撮影した画像をアップロードします。両手がふさがってしまうので、撮影にはセルフタイマーを使用するといいでしょう。

AAXのKYC書類提出

お疲れさまでした。セルフィーが正しく承認されればKYC手続きの完了です! 

まとめ

AAXは、本人確認(KYC)なしでも数百万単位の出金が可能な仮想通貨取引所ですが、ボーナス機能などが制限されるので、時間のあるときにKYCを済ませておくのがおすすめです。

この記事を参考に、KYCの手続きをやってみてください。

最近ではKYCなしでの出金額が制限される傾向があるため、AAXは数少ない高額出金可能が海外取引所です。他に1日2BTCまで出金可能な海外取引所にはBybit(バイビット)があります。各海外取引所のKYCについてはこの記事にまとめました。

あわせて読みたい
【海外仮想通貨取引所】本人確認(KYC)なしで使える取引所は減少中! 各取引所の条件をまとめて紹介 海外仮想通貨(暗号資産)取引所でよく使われる用語「KYC」。「顧客を知る(Know Your Customer)」の略で、身分証明書などを提出して本人確認を行うことです。 数年前...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次