初心者でもわかるFXのスプレッド!スプレッドが狭い会社の選び方

「スプレッド」この言葉を皆さんは聞いたことがありますか?FX取引において業者とトレーダー(ユーザー)の間に生じる価格差をスプレッドと呼びます。

少し難しく思えるかもしれませんが、具体的には同一通貨ペアの売買価格の違いのことを言います。業者はこのスプレッドを利益としています。

この記事でわかること

  • FXのスプレッドとは?
  • スプレッドが変動する理由と原則固定される理由
  • スプレッドが広がるタイミング
  • スプレッドの注意点
  • スプレッドはトレードに影響があるのか?
  • スプレッドが狭い会社の選び方

ここからはスプレッドの基礎知識とスプレッドが狭い会社の選び方について説明します。

目次

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは、FX取引を行うときに業者が提示する売り価格と買い価格の間に開く差額がスプレッドです。

FX業者は取引そのもので利益を得ません。利益源は、トレーダーが取引を行うごとに発生するスプレッドから利益を得るのです。つまりスプレッドはFX業者の営業活動をなす重要な要素といえます。

またトレーダーにとって、スプレッドは直接的なコストとして考えられます。トレーダーは日々売買で利益を得るためには、まずこのスプレッド分を回収しなければなりません。

そのため全体の取引コストを低く抑えるには、できるだけ狭いスプレッドの業者を選択することが重要です。

スプレッド単位の解説

スプレッドは、円やドルなど具体的な金額で述べると分かりにくいため、「pips」(ピップ)という単位で表されます。

1pipは、通貨の価格変動を表す最小単位で、通常小数点以下4桁目(主要な通貨である円を除く)を指すのが一般的です。

たとえば、ある通貨ペアの売買価格が1.3000/1.3003であれば、この差の0.0003をスプレッドとしています。つまりこの取引では3pipsのスプレッドが適用されます。

スプレッドは取引金額やレバレッジによって大きくなることはないため、その均一性がトレーダーにとって大きなメリットとなります。

またFX業者のスプレッドは変動することもあり、一概に低い方が良いとは限りません。自身の投資スタイルに合ったスプレッドを提供する業者を選択することが大切です。

ヒューマンエラーやカウンターパーティリスクを防ぐために、FX取引では独特のpips(ピップス)という単位が使われます。

スプレッドが変動する理由

スプレッドとは、買い値と売り値の差を指す言葉で金融市場における取引にとって重要な役割があると説明しました。

このスプレッドが変動する理由は、その主な原因はマーケットの動きによるものです。

マーケットの動向により取引の需要や供給が変動し、その結果としてスプレッドが広がったり、狭まったりするのです。

特に金利の変動や政策発表・経済指標の発表などに起因するマーケットの大きな動きは、スプレッドに大きな影響を及ぼします

マーケットの動きとスプレッドへの影響

マーケットの動きは、その日のニュースや経済情勢・政策の変更などによって大きく変わり、それらがスプレッドに影響を及ぼします。

例えば金利の変動は投資の収益性に大きな影響を及ぼすため、金利の発表などがあった場合は、市場の動きが活発化しスプレッドも変動します。

さらに政策の変更や経済的な事情が発表されたら、その情報を基に投資家達が次の戦略を立てるため、それに伴う取引量の変化がスプレッドの広がりや狭まりが起こります。

また不測の事態や突発的なニュースが発表され、その影響でマーケットが大きく影響を受けた際にもスプレッドは劇的に変化することがあります。

スプレッド変動とその対策

スプレッドの変動を理解するためには、マーケットの様々な動きを注視し、その影響を予測することが重要です。

定期的に金利政策等の発表が予定されている場合や、重要な経済指標の発表が予定されている日は、特にスプレッドに影響を及ぼす可能性がるため、事前に情報を把握し対策を練っておくことが求められます。

また突発的な事態に対する対策としては、リスク管理の一環として資金管理を徹底し、証券会社が提供するストップ・リミット注文などを活用し、損失を最小限に抑えることも重要です。

スプレッドの変動は予測が難しい部分もありますが、これらの対策を講じることでリスクを抑えることが可能となります。

スプレッドが原則固定される理由

スプレッドには変動制と原則固定制が存在します。

スプレッドが変動する理由の主な原因はマーケットの動きによるものでした。ではスプレッドが原則固定される理由は一体何なのでしょうか。

実はスプレッドが原則固定される理由は、マーケットでの透明性を保つためと取引の安定性を維持するためです。

ここからは原則固定スプレッドについて、解説していきます。

スプレッドの固定

スプレッド固定は主に市場の調整機能を持つマーケットメーカーによって担われています。

市場メーカーは流動性供給者とも言われ、あらゆる取引の両サイド(売りと買い)に立つ存在で、スプレッドはその報酬となります。

固定スプレッドとは言っても、その幅は市場の状況や各銘柄の流動性により微妙に変動します。しかしマーケットメーカーが一定のスプレッドを確保することで、取引そのものの安定性を保つと共に公平性も確保します。

このようにスプレッドが一定の幅で保たれることで、投資家や取引先は取引の条件を把握しやすくなり、瞬時に発生する市場の揺れ(ボラティリティ)に対応できるようになります。

スプレッドの原則固定の影響

スプレッドが原則的に固定される理由に直結する影響として、まず取引の透明性の維持があります。

取引参加者はあらかじめ取引条件を把握しやすく、公平性を保つことができます。これは特に金融市場の健全な運営にとって重要な要素と言えるでしょう。

またスプレッドが保たれることで、投資家は取引コストを見積もりやすくなります。これにより投資判断がより明確になり、投資家のリスク管理にも貢献します。

さらにマーケットの安定性にも寄与します。瞬時に変動する市場環境下でも、スプレッドが一定範囲内で保たれることで、急な価格変動から市場全体が守られるため、パニック売買を防ぐことができるのです。

これらの影響を通じて、スプレッドの原則固定は金融市場の健全な運営を支えているのです。

スプレッドが広がるタイミング

このスプレッドが広がる、つまり売買価格の差が大きくなるタイミングはいつなのでしょうか。スプレッドが広がるタイミングについて考えてみましょう。

それは主に市場の流動性が低下する時、通常は高いボラティリティ(価格の変動幅)を伴って発生します。

スプレッドの変動パターンは?

スプレッドが変動するパターンには、特に以下の2つが挙げられます。

1つ目は、市場の参加者の数が減少した際に起きます。

市場参加者が少ない状態では、買い手と売り手のバランスが崩れやすく、スプレッドが広がりやすいのです。

2つ目は、重要な経済指標の発表など、予想外のニュースが流れると急激な価格変動が起こりスプレッドが広がることがあります。

これらは市場環境や世界情勢の影響を大きく受け、予測は困難ですがこれらの事象が起きたときには注意が必要です。

スプレッド広がったときの対処法

では具体的にスプレッドが広がる状況をどのように認識し、対応すべきなのでしょうか。

スプレッドが広がる瞬間を正確に予測することは難しく、常に市場の流動性やニュースをチェックする必要があります。

さらにスプレッドの動きに対応するためには、市場の動向や自身の投資戦略に基づいて、適切な売買タイミングを見極める技術も重要です。

またスプレッドが広がった時の対策としては、無理に取引を行わないことが一つの手段です。これはスプレッドの幅が大きい場合、利益を上げるためには相応のリスクも伴うからです。

したがってスプレッドが広がるタイミングを見極め、投資戦略を立てることが重要と言えます。

 スプレッドの注意点

特にFXや株式投資などではスプレッドによって得られる利益や損失が大きく左右されるため、常にその動きに注意を払って取引を行う必要があります。

スプレッドの値が小さいほど、取引にかかるコストは小さくなるわけですが、その一方で約定率という概念も理解しておかねばなりません。

ここではスプレッドと約定率の関連性について考えていきます。

約定率とスプレッドの関連性

約定率とは注文が実際に取引される確率のことを言い、高ければ高いほどトレーダーにとっては良い状況と言えます。

しかしスプレッドが小さいと約定率が下がる傾向があります。

なぜならスプレッドが小さいということは、取引所側の利益が薄くなるため積極的に約定を進める意欲が低下し、その結果約定に時間がかかるあるいは約定しない場合も出てくるからです。

逆にスプレッドが大きいと取引所の利益が大きくなるため、約定率は高まる傾向にあります。

そのため取引の頻度やスピードを優先するトレーダーは、スプレッドの大小だけでなく、その取引が約定する確率を考慮した上で取引先を選ぶべきです。

スプレッドに注意すべきポイント

さてスプレッドの注意点としては何をあげるべきでしょうか?

まず第一に、取引所やブローカーによりスプレッドが異なるということを理解すべきです。このため取引を始める前には、各取引所やブローカーのスプレッドを比較し、自分のトレーディングスタイルに合ったものを選びましょう。

第二に、スプレッドが固定されているか・変動するかも重要なポイントです。

固定スプレッドの場合、取引コストは一定ですが市況によっては不利な条件になることもあります。

一方変動スプレッドでは市場の状況によりスプレッドが変わるため、時と場合によっては有利な取引が可能になります。

またスプレッドが広がるタイミングにも注意が必要です。特に市場が大きく動くニュースが出た時や取引量が増える時間帯は、スプレッドが広がる傾向にあります。

このような時に取引すると、想定以上のコストがかかる可能性があるので注意が必要です。

最後にスプレッドだけでなく、約定率も考慮に入れてトレーディングを行うべきです。誤ったスプレッドの認識は、思わぬ損失をもたらす可能性があるのです。

スプレッドが狭い会社の選び方

それでは「スプレッドが狭い会社」とはどのような会社を指すのでしょうか。

直接的に表現するなら、その会社が提供する同一通貨ペアの売買価格の間の差が少ない、つまりマージンが低い会社ということになります。

顧客は少ないコストでFXサービスを利用できるというメリットがあります。投資や取引をする上で、スプレッド狭い会社の選び方は重要な点となります。

以下では、スプレッド狭い会社を選ぶ際の注意点やコツを詳しく解説していきます。

スプレッド狭い会社の選び方

それでは、次の要点に従ってスプレッドが狭い会社を選ぶ際のポイントについて説明しましょう。

  1. 通貨ペアの売買価格に対するスプレッド差をチェックする
  2. 評判や口コミをチェックする
  3. 会社の信頼性を確認する

まず一つ目としては、その会社が提供する通貨ペアの売買価格に対するスプレッド差をチェックすることです。

具体的には、たとえばUSD/JPYの場合、売買価格の差を比較します。その差が小さいほど、会社のスプレッドは狭いと言えるでしょう。

二つ目のポイントは、評判や口コミをチェックすることです。

インターネットの普及により、トレーダーが実際に利用した経験や感想を共有することが可能になりました。

これらの情報を活用することで、会社が公表している情報だけでなく実際のサービス提供状況を知ることができます。

三つ目は、会社の信頼性を確認することです。

スプレッドが狭いとはいえ、その背後に不健全な経営状況が潜んでいる場合も考えられます。したがって長期的に安心して利用できる会社であるかどうかを評価することも大切です。

FX×仮想通貨 投資部 - FXと仮想通...
FXとは?初心者でもわかるFXの基礎知識 - FX×仮想通貨 投資部 FX(外国為替証拠金取引)とは、異なる国の通貨を交換して利益を得る金融取引のことです。 FXの最大の利点はレバ

スプレッドが狭い会社の利点・欠点

次にスプレッドが狭い会社の利点と欠点について説明します。

まず利点からですが、その最大の特徴は「顧客のコストを抑えられる」ことにあります。商品やサービスの売買価格が近いため、利用者はより少ないコストでサービスを利用できます。

次に欠点ですが、それは「会社の利益が減る可能性がある」ことです。スプレッドが狭い会社は商品やサービスの価格が売買価格が近いため、その分会社の収益が落ちる可能性があります。

そのため、経営者側から見た場合、収益を上げるため他の収益源を模索する必要があるでしょう。

また価格競争に巻き込まれやすいことも欠点と言えるでしょう。スプレッドが狭いビジネスモデルは、価格での競争が激しくなります。そのため企業は他社との差別化を図るため、サービスの質を上げる等の努力を強いられます。

以上がスプレッドが狭い会社の基本的な特徴、選び方、そしてその利点・欠点となります。

狭いスプレッド会社の選び方の注意点

狭いスプレッドの会社を選ぶ上でのコツは、スプレッドが狭いだけではなく、総合的に判断することが求められます。

例えば取引手数料が無料や低額であるか、口座開設が無料であるか、サポート体制や情報提供の質はどうかなど、スプレッドだけでなくその他の条件もチェックすることが重要となります。

そして、その上でスプレッドが狭い会社を選ぶのです。

また会社の安定性や信頼性も重視するべき要素です。その会社が長期間にわたって安定したサービスを提供しているか、またはその会社が法律に適合した営業を行っているかも確認するべきです。

以下は投資家に人気のある証券会社です。新規口座開設の際の参考にしてください。

ランキング1位
業界人気ナンバー1の証券会社!
とにかく手数料が安く、また取引ツールも初心者でも操作しやすい。
初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめの証券会社。
総合評価
取引コスト
サービス充実度
会社の信頼性 80万口座開設突破(2023年9月)
現在のキャンペーン 最大55万円のキャッシュバック!

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
主要通貨ペアは業界でもトップクラスの狭さ!USD/JPYは原則固定で0.2銭!
初心者でも安心の最小1000通貨から取引でき、うれしい取引手数料無料。
総合評価
取引コスト
サービス充実度
会社の信頼性 50万口座開設突破(2023年9月/トレーダーズ証券含)
現在のキャンペーン 最大40万円のキャッシュバック!

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
SBI FXトレードはFX業界の中でも最小の1通貨単位で取引できる証券会社です。
初心者だけでなく1000万通貨の大口トレーダーにも対応可能◎
またスプレッドも狭いため初心者から上級者までおすすめ!
総合評価
取引コスト
サービス充実度
会社の信頼性
現在のキャンペーン 最大90万円のキャッシュバック!

詳細ページ公式ページ

スプレッドとトレードへの関係性

このスプレッドは販売者が利益を得る源泉であり、トレーダーたちが取引を行う上で無視できない要素です。

スプレッドが広いと購入した商品を直後に売却した場合、確実に損をします。ですから、スプレッドとトレード成功の関連性は非常に密接なものなのです。

スプレッド選びはトレードに関係があるのか?

結論から言うと、スプレッドがトレード結果に及ぼす影響は大きいと言えます。

繰り返しになりますがスプレッドは、トレーダーが取引を行う際のコストの一部を占めるためです。

スプレッドが広いと、その差額だけトレーダーの利益が減少します。逆にスプレッドが狭ければ狭いほど、その分予測が当たった場合の利益が増えると言えます。

ですから短期間での取引を多く行うスキャルピングやデイトレードのテクニックを使用するトレーダーは特にスプレッドの影響を受けやすいのです。

スプレッドとトレードの関係性を理解し、最適な取引環境を見つけるようにしてください。

まとめ

スプレッドが狭いということは、商品の販売価格と購入価格の差が小さい、つまりトレーダーが取引を行う際のコストが低いことを意味しました。

トレーディングにおいてはこのコストが結果に大きく影響を与えるため、スプレッドが狭い会社で取引を行うことが推奨されます。

一方スプレッドが狭い会社では、その分スリッページ(注文価格と実際の取引価格の差)が大きくなる可能性もあります。このスリッページもトレーディングのコストとなるため、これを考慮に入れてブローカーを選ぶようにしましょう。

また会社が提供するプラットフォーム、カスタマーサポートの品質も重要な要素ですので、選ぶ際はチェックするようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次